ページ上へ

ショッピング枠現金化の活用例|仮想通貨をショッピング枠で購入

仮想通貨を購入したいのに現金が足りない!そんな時の裏技としてショッピング枠現金化という方法があります。なぜ仮想通貨の購入にショッピング枠現金化が選ばれるのでしょうか?ポイントをわかりやすく解説していきます。

現金がなくても仮想通貨を買う方法

現金化で仮想通貨を購入

ショッピング枠現金化は、その名の通りクレジットカードのショッピング枠を利用し現金を手に入れる資金調達方法です。
この方法で得た現金の用途は人それぞれですが、中には今大変話題になっているビットコインやリップルなどの仮想通貨を購入費用に充てている人もいる様です。
なぜショッピング枠現金化で仮想通貨を買うのか、その理由を解説していきたいと思います。

ショッピング枠現金化と仮想通貨の接点

仮想通貨を購入する方法

仮想通貨は近年大きく注目されているデジタル通貨で、投資目的で利用する人も年々増加しています。
これまでは現金がなくてもクレジットカードで仮想通貨を買うことができたのですが、2018年2月に価格の変動による損失が危惧された事を理由にクレジットカードでの購入が一律禁止となりました。
仮想通貨にも“買い時”と言ったチャンスがあるわけですので、「あいにく手持ちが無いがどうしても購入したい」という時にショッピング枠現金化を利用すれば、短時間で現金を用意することができる上に、その現金で仮想通貨を購入することができます。

最近、仮想通貨で投資をしている人の話題をよく耳にしますが、儲けを出すためには資金が必要不可欠ですよね。
仮想通貨購入のクレジットカード決済が禁止されてからはショッピング枠現金化にて現金を用意した上で購入するケースが増えています。
こちらの方法であれば、従来通りクレジットカード決済と限りなく近い感覚で仮想通貨を買うことが可能なためです。

仮想通貨の購入に向いている理由

現金化で仮想通貨購入のメリット

ショッピング枠現金化を使って仮想通貨を購入する方法は、従来通りクレジットカードで仮想通貨を購入出来るだけでなく、以下のようなメリットもあります。

1.即日現金が手に入るので、好機を逃さない
2.ネット上で取引ができる
3.ショッピング枠に空きがあれば誰でも利用できる
4.審査が不要なので収入が無い人でも利用できる

まず、何と言っても収入が無くても利用出来る点は非常に大きなメリットと言えます。
さらに、最短5分で口座に入金がなされるため、スムーズに取引が可能という点も投資家にとっては利点であると言えるでしょう。
消費者金融とは違い、窓口やATMへ足を運ぶ必要もありません。

仮想通貨はFX同様にクレジット決済ができなくなりましたが、ショッピング枠現金化で現金を作れば、口座に現金がなくても仮想通貨を買うことができます。
換金までの時間が早いことや、審査がないことが利用者にとって好都合なポイントです。
中にはトレーダー的な収入が不安定な人でも、審査が無いショッピング枠現金化ならお金を作ることができるので活用されているようです。

仮想通貨の購入でも使える

ショッピング枠現金化はギャンブル資金や宝くじ購入などに留まらず、仮想通貨の購入にも利用され始めていることがわかりました。
実際に持っている資金以上の投資をして大きな儲けを出したい人は、ショッピング枠現金化を活用してみても良いかもしれません。