ページ上へ

ショッピング枠現金化で家賃、ご祝儀、葬儀代の支払いを切り抜ける

ショッピング枠現金化は、家賃の支払いに困った人が利用することが多々あります。生活上避けられない現金での出費に役立っています。また、ご祝儀を始め、突然訪れる葬儀関係の費用を用意するにも便利です。

家賃の支払いに困った時の裏技

家賃の支払い、どうしよう…

ショッピング枠現金化は、クレジットカードのショッピング枠が余ってさえいれば誰でも現金を調達できるので、様々な人が手軽に利用しています。
では、ショッピング枠現金化によって得た資金は、どのようなことに使われているのでしょうか?
気になった我々は、ショッピング枠現金化をした人たちの現金の活用方法を調査しました。
まずは、家賃の支払いを始め、現金でなければ払えない日常の用途についてご紹介していきたいと思います。

現金でないと払えない支出「家賃」

家賃の支払い

私たちが生きて行く上で住居は必要不可欠であり、賃貸で家を借りている人は当然ですが毎月家賃を支払わねばなりません。
万が一、家賃の支払いが滞ってしまうと契約を打ち切られて追い出されてしまうという可能性があり、まずは家賃を第一に払うという方も多いのではないでしょうか。
しかし、家賃がどうしても支払えないというピンチの時は、ショッピング枠現金化を活用する事を強くお奨め致します。
家賃支払い時にショッピング枠現金化が有効な理由として、次のような点が挙げられます。

1.クレジット払いが出来ないため現金で支払わなければならない
2.生活する上で絶対に支払わざるを得ない
3.数万円のまとまった金額が必要
4.なぜか後回しにしがちでピンチになりやすい
5.ショッピング枠現金化は審査が不要である

以上の理由から、ショッピング枠現金化はどうしても家賃が支払えない際のセーフティネットとして利用されているのです。
もしも急な出費が重なり家賃が支払えない際は、一時的にショッピング枠現金化を利用してみても良いかもしれません。

家賃の支払いは金額も大きい上に現金払いしかできないので、手っ取り早く現金を調達できるショッピング枠現金化は使い勝手が良いです。
家賃をクレジットカードで支払った感覚で利用出来る点は大きいですね。

「ご祝儀やお香典」にも有効

急に出費になるご祝儀

家賃は毎月支払わなければいけない生活に欠かせない大きな出費ですが、家賃以外にも避けられない現金での出費があり、時には予期せぬ形で必要を迫られることもあります。
“予期せぬ現金出費”の代表的な2つの例を挙げたいと思います。

ご祝儀

最も困る人が多い事例が結婚式のご祝儀です。
少なくとも3万円は必要ですから、出費としては高額と言えますよね。
結婚式の日取りが数ヶ月前から分かっていたとしても、ギリギリになって焦る人も多いのではないでしょうか。

御香典や葬儀費用

結婚式とは違って突然起こるのが「不幸」です。
予期せぬタイミングでお葬式に出席しなければならなくなったり、身内の不幸で葬儀代を用意しなければならなくなることも。
貯金が無いけれど避けられないこのような事態において、ショッピング枠現金化は素早く現金を調達できるので重宝されています。

家賃だけでなく、ご祝儀や葬儀に関する費用も支払いに困る人が多い事例ですね。
金額も安いとは言えませんし、避けることができないので、どうしても貯金が足りないというときにショッピング枠現金化で穴埋めをする利用者が多いようです。

生活上無視できない現金出費に便利

家賃を始め、ご祝儀や御香典、葬儀代など、生きていく上で避けられない現金での出費にショッピング枠現金化は活用されています。
消費者金融やカードローンと異なり、ショッピング枠現金化は審査がなく素早い取引が可能なので、緊急性が高い時にも助かります。
どうしても現金が足りなくなってしまった時のために、ショッピング枠現金化という方法を頭の片隅に置いておいても良いかもしれません。