ページ上へ

ショッピング枠現金化がローン審査を控えている人に好都合な理由を解説

ショッピング枠現金化はローン審査前の人にも活用されています。住宅ローンやマイカーローンなどのローン審査を控えている時に消費者金融を利用すると審査に落ちてしまうことがあるからです。その事情をわかりやすく解説していきます。

ローン審査前にお金が必要な方へ

ローン審査を控えて借入を控えたい

ショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金に換える現金調達手法ですが、どのような人が利用しているのでしょうか?
利用者の中には、“ローン審査を控えているから”という理由でショッピング枠現金化を使っている人がいます。
実は、ローン審査前に消費者金融でお金を借りると審査に落ちてしまう危険性が高まることから、ショッピング枠現金化を活用する事が多いようです。

一体何故ローン審査前に借入は避けた方が良いのでしょうか?
ローンを控えている人がお金を借りる際に知っておきたいショッピング枠現金化活用方法についてまとめましたので、「ローン審査を控えているけれど、現金が必要で悩んでいる」という方の参考になれば幸いです。

知らないと落ちる!?ローン審査前の借入

ローンの支払い明細

ローンとは、大きな出費の際に金融機関や消費者金融などからお金を借り、その後月々分割又は一括で返済をしていくという方法の現金調達方法です。
ローンには次のような種類があります。

ローンの例

住宅ローン、不動産ローン
車のローン
教育ローン
フリーローン(旅費、結婚費用、美容、医療など)
事業ローン

人生で最も大きな買い物と言われている住居の購入や、生活に便利な車などを購入する際にローンを組む人が多いのではないでしょうか。
また、女性の場合は脱毛やエステ、美容医療などを利用する際にローンを組む人もいらっしゃいます。
ローンを組む際は収入や支払い期間から毎月の返済額を決定することになるので、“返済可能な額なのかどうか” という審査が入りますが、審査に落とされてしまうことがあります。

それに大きく関わるのが、「信用情報」です。
この信用情報は主に個人の借用に関する情報のことで、金融機関や審判会社、消費者金融などで共有されています。
信用情報で判明してしまう情報の一つが「消費者金融での借入履歴」で、過去に消費者金融で借入をした際に返済が遅れた履歴があったり、現在も借入がある状態だとローン審査に通らない可能性が上がってしまいます。

つまり、借入を興してしまうと信用情報機関に借入の情報が記載されてしまうので、ローン審査を控えている人はできるだけ消費者金融でお金を借りない方が良いのです。

※現在、信用情報を管理している機関としては以下の2つがあります。

CIC…割賦販売方・貸金業法指定信用情報機関
JICC…指定信用情報機関

そのため、ローン審査前の人がお金に困った時には、消費者金融ではなくショッピング枠現金化を利用される傾向があります。

ローンの審査は消費者金融の利用以外に、複数のローン契約の有無、希望金額、勤務状況や雇用形態など、幾つかの条件が組み合わさって審査に落ちることがあります。
しかし、消費者金融での借入は特に要注意事項で、これだけでNGになることもあるようです。
ローン審査に通らないということは決して珍しいことではありませんが、できれば落ちたくありませんよね。
しかも、ローンに通らないと家族にも不信に思われてしまい、最悪の場合、隠していた借金がバレてしまう!という二次災害も起こり得ます。
ローン審査を受ける予定がある人は、絶対に消費者金融を利用しないことをお勧めします。

ローン審査前の人が利用するメリット

ローン審査前に現金を調達する

ローンを控えているとは言え、急な用事で現金が必要になることもありますよね。
そんな時は審査に影響する消費者金融ではなく、ショッピング枠現金化を利用するに越したことはありません。
このような時にショピング枠現金化を利用するメリットを4点ご紹介します。

1.信用情報に記載されないためローン審査に影響しない
2.ショッピング枠に空きがあればいつでも利用可能
3.ショッピング枠現金化には審査がなくスムーズ
4.客観的には買い物をしただけなので周囲にバレない

ローン審査を控えている人にとって、ショッピング枠現金化の最大の強みはやはり信用情報の履歴に残らないことですよね。
ローン審査前にどうしてもお金を借りたい時は、消費者金融ではなくショッピング枠現金化の方が安全と言えます。
消費者金融以外にも、カードのキャッシングも控えた方が良いでしょう。

ローンを控えている方にお奨め

ショッピング枠現金化は、お金を借りたいけれど信用情報に傷をつけたくない人にとってとても便利な資金調達方法です。
このページではローン審査を控えている人に焦点を当ててメリットなどをご紹介いたしました。
これからローンを組もうとしている人や、ローン審査に落ちた経験がある人はぜひご参考にしてみてください。