ページ上へ

ショッピング枠現金化の活用法|借金の返済費用を調達する

ショッピング枠現金化の活用例の一つに、消費者金融の借金やローンを返済するという方法があります。中には自転車操業のようになってしまう人や、返済をスムーズにするための裏技を使う人も!借金返済に関する事例をご紹介します。

ショッピング枠現金化で借金返済は?

ショッピング枠現金化で借金返済?

ショッピング枠現金化は、文字通りクレジットカードのショッピング枠を使って現金を入手する、一般的な利用方法とは一味違った資金調達方法です。
普通に借りれば良いのに?」「キャッシングじゃダメなの?」と思われるかもしれませんが、状況次第では“借金を返すために借金をせねばならない”というケースもあります。
当ページではショッピング枠現金化の代表的な活用事例の一つである“借金返済”にフォーカスを当て、その驚くべき活用方法について解説致します。

借金返済のお金が足りない…そんな時に

借金返済に現金が足らない!

ショッピング枠現金化を利用しそうな人は「キャッシング枠が尽きてしまった人」「借金をしている人」というイメージが強いのではないでしょうか?
実際にはその通りで、ショッピング枠現金化で調達した現金を消費者金融やローンの返済に充てる人も数多く存在しています。
借金の返済をクレジット払いでするわけにはいかないので、借金の返済には必ず現金が必要になります。

借金返済の資金を作るためにショッピング枠現金化が選ばれる理由は下記の通りです。

1.現金が入手できる
2.複数の消費者金融を利用していてこれ以上借りられない人でも利用できる
3.ショッピング枠現金化は審査がないため緊急時でもスムーズに資金を作れる
4.収入が無い主婦や無職の人でも利用できる

このような理由から、借金返済に行き詰まった人がショッピング枠現金化サイトに駆け込んで来るのです。

借金の返済金額が足りない時に、不足分をショッピング枠現金化で補充するというやり方です。
特に消費者金融の返済日は無視できない優先度の高いものなので、どうしても払えない時に止むを得ず現金化に手を出す人が多いようです。
そしてショッピング枠現金化の返済はクレジットカードの支払いとしてやってくるので、それ自体は借金をしているという感覚が低くなりがちですが、実際には借金と同じですから注意が必要です。

非常に危険な自転車操業をする人も

借金返済に現金が足らない!

消費者金融やローンの返済にショッッピング枠現金化を使うというのは想像ができますが、中にはさらに上を行く利用者もいました。
なんと、クレジットカードの返済にショッピング枠現金化を利用するという方法です。
例えば、クレジットカードの請求額が20万円で、その返済金が用意でなかったとします。
そこで、余っているショッピング枠を使って20万円を現金化してクレジットカードの支払いに充てます。

現金化で借金返済する流れ

クレジットカード会社A社からカード利用額20万円の請求が来たが現金がない。
クレジットカード会社B社のショッピング枠に空きがあったので、A社の返済額20万円分を現金化。
B社のショッピング枠を現金化して手に入れた20万円でA社の返済。

翌月の請求額は通常の買い物額+現金化20万円分ということになりますので、完全なる自転車操業であり、大変危険です。
これを繰り返していくと、最終的には自分の支払い限度を超えた額の請求が来ることになりますので、絶対にマネをしないようにしてください。

これは本当に危ない方法です!一時的にピンチを凌げたのも束の間、翌月にはさらに多額の請求がやってきます!(また現金化をしてしまう人も…)
気軽に利用できるだけあって、どのくらい現金化をしたのか忘れてしまう人も少なくありません。
便利ではありますが、利用する際は必ず計画性を持って返済可能な額だけを決済してください。

複数の借り入れ先を一本化する裏技

泥沼化する借金地獄

借金を抱えている人の中には、複数の消費者金融からお金を借りていたり、カードローンを何社か契約しているという人がいます。
「毎月10日はこの会社に2万円、20日はあちらの会社に3万円…」とやっていると、手間もかかりますし利子も嵩んで返済効率が悪くなりますよね。

そこで、支払い先を一本化して、返済をわかりやすくする方法があります。
やり方は、ショッピング枠現金化でまとまった額の現金を用意し、複数の借り入れ先を完済させ、クレジットカードの返済だけに統一することで返済をスムーズにします。
万が一支払いに困った時は、分割払いなどに変更することも可能なので、計画を立てて借金返済を行なっていくことが可能になります。

借金返済のための利用には注意が必要!

消費者金融やローンの返済に困った時、ショッピング枠現金化ならクレジットカードを持っていれば誰でも利用することができます。
しかし、ピンチを切り抜けることはできても、後々雪だるま式に借金が増えて行くケースも珍しくありません。
このような「借金で借金を返す」というやり方は非常に危険ですが、上手に使えば突発的なピンチの回避や、借金の一本化をすることも可能です。
いずれにしてもショッピング枠現金化を利用する際は計画的に使うようにしてください。