ページ上へ

ショッピング枠現金化を事業で活用ー急な資金難に陥った時の活用例

会社が資金不足で倒産の危機!そんな時にショッピング枠現金化を知っていればピンチを逃れることができるかもしれません。会社経営者が使っている裏技であるショッピング枠現金化を事業資金調達に利用する事例やメリットをご紹介します。

事業資金の素早い調達術

事業資金調達で現金化を活用

ショッピング枠現金化は個人的な利用に限らず、ビジネスにおける窮地でも活用されています。
例えば、経営難により一時的な事業資金が不足してしまった時などに大変便利です。
当サイトでは、ショッピング枠現金化を事業用に役立てた人の活用例を調査してまとめました。
今まさに仕事でお金が必要な人はもちろん、知っているともしもの時に役に立つ活用法を紹介していきますので、ぜひご参考にしてください。

ショッピング枠現金化が活用される事例

ショッピング枠現金化で事業資金調達

ショッピング枠現金化の利用目的は人それぞれですが、会社や事業の資金を工面するために利用している人もいます。
会社経営者や経営に関わる重要なポジションの人、自営業者などの利用が目立ちます。
事業資金は個人的な目的での利用とは異なり、100万円以上のかなり高額な現金が必要になるケースもあります。
それでは、事業でショッピング枠現金化を活用する人は、一体どのような状況において利用しているのでしょうか?
代表的な事例をご紹介します。

経営資金・運転資金

最も多い利用理由が経営を続行するための運転資金を確保するためです。
業績が悪化してしまった、取引先からの入金が一時的に滞り資金難に陥ってしまった、など緊急でお金が必要になった際に活用されています。
会社の運転資金を始め、従業員の給与支払いなど、現金でなければならないケースで重宝されています。

会社設立時の資本金

運転資金以外に、会社を新しく設立する際にショピング枠現金化で用意した現金を活用している人もいます。
なお、中には会社設立時に資本金が十分にあるように見せかけるための資金としてショッピング枠現金化を活用する方もいるようですが、会社法に触れてしまう恐れ(見せ金)があるので、よく考えてから利用することをお勧めします。

会社設立時の許認可取得

新しい事業を始める時、国が定める機関に届け出をしなければいけません。
事業の業種によっては、金銭的な信用がないと営業を認めてもらえないことがあります。
例えば建設業の場合「自己資本額が500万円以上ある」など、派遣業では「現金または預金が1,500万円以上ある」などの条件をクリアしなければなりません。
この条件に満たない額をショッピング枠現金化で手にした現金で補うことが可能です。

会社のお金のピンチは、個人のお金のピンチとは額が違うので、もしもの時に手早く現金を調達できるショッピング枠現金化はビジネスの場でも活用されています。
中にはショッピング枠現金化という“裏技”を知っていたから倒産を免れられたという人もいました。

なぜ借入ではなくショッピング枠現金化?

ショッピング枠現金化で事業資金調達する理由

事業用に使う現金を集める際にもショッピング枠現金化は活用されていますが、ここで疑問に思うのが「どうしてショッピング枠現金化で資金調達をするのか?」という点です。
一般的に事業資金の借入といえば銀行からの融資や消費者金融等を思い浮かべると思いますが、ショッピング枠現金化を選択する理由は一体どこにあるのでしょうか。
下記の通り「利用される理由」についてまとめました。

理由その①「スピード」

手続きにかかる時間が短いので、緊急時でも素早く現金が手に入ります。
クレジットカードのショッピング枠に空きがあれば誰がいつどこでも利用できます。
最近ではネット型の現金化業社が主流なので、ネット上の操作で現金を用意することが可能ですので、店舗に足を運ぶ必要がなく、誰かに頭を下げてお金を借りる必要はありません。

理由その②「審査がない」

銀行や消費者金融はどうしても審査を受けなければいけませんよね。
特に銀行は、経営がうまく行っていない状況では融資をしてくれない可能性が高いです。
一方ショッピング枠現金化には審査がないので、経営状況に関わらず現金を調達することが可能です。

理由その③「記録が残らない」

ショッピング枠現金化は、クレジットカードの利用履歴に残るだけで、「お金を借りた」という履歴が全く残らず今後の経営に不利になることがありません。
金融機関や消費者金融での借入履歴を残したくない人とって大変好都合です。

理由その④「必要な額が用意出来る」

銀行や消費者金融でお金を借りる場合、審査には通っても希望の金額を借りることができないケースも多々ありますよね。
ショッピング枠現金化では、クレジットカードのショッピング枠内であればいくらでも現金化することが可能です。

理由その⑤「法人カードは優遇」

ショッピング枠現金化業者によっては、法人のクレジットカードで決済することで換金率が数%高くなることがあります。
少しでも損をしたくない人は、法人カードを利用するとより多くの現金を換金することができます。

上記のことから、ショッピング枠現金化は事業資金を素早く調達するのに大変好都合だとわかります。
審査がなく希望金額を素早く入手するできるので、一時的に高額な資金が必要になったとしてもショッピング枠現金化を知っていれば窮地を回避することができますね。
また、会社の「借金履歴」に傷を付けなくて済むことも利点です。
社長さんの利用者の中には内心「銀行に頭を下げてお金を借りるのは御免だ」と思っている人も多いようなので、ネットで完結するショッピング枠現金化はとても気が楽みたいですよ。

事業でも活躍するショッピング枠現金化

ショッピング枠現金化は個人的な利用に限らず、会社や事業の危機にも活用されていることがわかりました。
個人で利用される額よりも高額になるケースが多いですが、金融機関や消費者金融での審査が通らない時や緊急時には大変頼りになる資金調達方法と言えるでしょう。