ページ上へ

ショッピング枠現金化の活用例|公務員や銀行員に好都合なワケとは?

ショッピング枠現金化は公務員や銀行員などの社会的に信頼がある職業の人々にも利用されています。その理由は信用情報と関係がありました。信用情報を傷つけずに現金を調達したい人はご参考にしてください。

公務員や銀行員に支持されている理由

銀行員・公務員と現金化の意外な関係

クレジットカード1枚で現金が調達できるショッピング枠現金化は、手持ちのショッピング枠に空きがあれば誰でも利用することができます。
そんなショッピング枠現金化を利用する人のイメージは「ギャンブル好きの人」「消費者金融で借りられなくなった人」などを想像する人が多いかもしれませんが、実は借金とは程遠い意外な職業の人たちが利用しているんです。
それは“公務員”や“銀行員”といった所謂「堅い」と言われる職業を持つ人達です。
彼らがお金に困った時、消費者金融やカードローンではなくショッピング枠現金化を選ぶ理由はどこにあるのでしょうか?

なぜ信用情報を気にするのか?

信用情報を気にする公務員男性

公務員や銀行員と聞くと、社会的に信用がありクリーンなイメージが強いですが、ギャンブルや思いがけないトラブルで、借金をしなければならない状況に陥ってしまう人も当然いらっしゃいます。
しかしながら、信用情報(CIC/JICC)を傷つけたくないという理由から公務員や銀行員は消費者金融やカードローン、キャッシングで借金をすることに抵抗を持っているようです。
まずは信用情報の詳細や概要についておさらいしていきましょう。

信用情報とは?

信用情報とは、CICやJICCという機関が管理している個人個人の「支払い能力に関する情報」のことであり、具体的には次のような項目が登録されています。

クレジットカード利用情報
各種ローン契約情報
カードローンやキャッシングの情報
消費者金融の利用情報
割賦支払い情報
個人リース情報
返済遅延や債務整理などの金融事故

このように“信用取引”や“借金に分類”される情報が随時登録されており、「クレヒス」と呼ばれるクレジットヒストリー(利用・返済履歴)もこちらに記載がなされます。

履歴を残したくない理由

社会的に信用のある公務員や銀行員は、この信用情報を傷つけたくありません。
出世に影響を及ぼしたり職場での評判を落とす可能性があるためです。
仮に公務員や銀行員の人が消費者金融で借金をしたことが職場にバレてしまったとしても解雇されることはまずありませんが、社会的にクリーンな印象を与えておきたい職業であるからには、職場に限らず知人や周囲の人にもできる限り借金の存在は隠しておきたいという事情があるようです。

とても意外ですが、堅い職業のイメージが強い公務員や銀行員でも借金をしている人はいます。
しかしながら、出世や周囲の評判を考え信用情報に傷が付いてしまう恐れがある消費者金融等の利用を避けているのです。
各々ショッピング枠現金化を活用するなどして履歴に残らないように工夫しているみたいですね。

ショッピング枠の利用はクレヒスに無影響

ショッピング枠現金化を利用する男性

信用情報をできるだけ綺麗に保ちたい公務員や銀行員は、消費者金融やカードローンで借金をすることは避けるべきです。
そこで、どうしてもお金に困った時に頼りにするのがショッピング枠現金化です。
ショッピング枠現金化が公務員や銀行員に選ばれる理由をまとめました。

1.信用情報に傷がつかない
2.一見すると借金だとわからない
3.利用明細しか届かないので家族にもバレにくい

まず、ショッピング枠の利用はクレジットヒストリーとしての履歴が残りませんので、信用情報に一切記載される事がありません。
また、利用ごとに申し込みを行う必要が無い(職場を記載する必要が無い)ため、スピーディーかつ秘匿性に優れているという点が挙げられます。
さらに、家に届くのはクレジットカードの利用明細だけですので、家族や周囲からお金を借りたと周知されてしまう恐れもありません。

ショッピング枠現金化は、パッと見は普通にクレジットカードでお買い物をしたようにしか見えないので、バレることはまずありません。
その上、信用情報に借り入れとして記録が残らないので、信用情報を気にする人には好都合です。
公務員や銀行員以外に、会社の経理や財務の業務に携わる人も消費者金融などの利用を避け、ショッピング枠現金化を利用している人がいました。

信用情報を傷つけたくない人に最適

公務員や銀行員などの信用情報に傷をつけたくない人がお金を借りる時、信用情報に影響を与えないショッピング枠現金化はとても便利な資金調達方法だと言えます。
さらに、周囲の人にもバレにくいので、内密に現金を用意することが可能です。
もし信用情報を気にしてお金を借りるか悩んでいる人は、消費者金融やカードローン、キャッシングは避け、ショッピング枠現金化を利用した方が安全です。
しかし、いずれにしても後々の返済は必須ですので、無理のない範囲で利用をすることをおすすめします。