ページ上へ

ショッピング枠現金化のリスク及び利用上の注意点【完全版】

ショッピング枠現金化には恐ろしいリスクや隠れた注意点があります。利用する前に絶対に頭に入れていただきたい5つの項目をわかりやすく掲載しています。ショッピング枠現金化を検討中の人はぜひ御一読ください。

ショッピング枠現金化のリスク&注意点

現金化業者は語らない落とし穴とは?

お金がピンチの時、消費者金融やキャッシングが利用できない人でもクレジットカードのショッピング枠さえあれば現金が手に入る便利な手段がショッピング枠現金化です。
ショッピング枠現金化は、誰でも簡単に素早く手続きができる点がメリットとされていますが、実はリスクや注意点も存在しているんです。
そこでこちらのページでは、知らないとあなたの人生が大変なことになり兼ねない、ショッピング枠現金化のリスクと利用上の注意点を調査してまとめています。
ショッピング枠現金化業者のサイトを見ているだけでは、絶対にわからない情報も掲載していますので、ぜひ一度ご確認ください。

①ハイコストな資金調達方法である

一見お得だがハイコストな資金調達

ショッピング枠現金化には“金利”がありません。そのため、消費者金融などでお金を借りるよりもお得に見えるかもしれませんが、ショッピング枠現金化には“手数料”という形で費用が発生しています。
ショッピング枠現金化で得られる現金は、支払額の75~90%程で、10~25%は手数料(金利)として差し引かれてしまします。こうして見るとショッピング枠現金化も手軽に利用できるお得な手段とは言い難く、場合によってはハイコストな資金調達方法になる可能性がある事を理解した上で利用すべきでしょう。

②支払い方法によっては二重金利になる

二重金利に苦しむ男性利用者

ショッピング枠を現金化した際の支払い方法は、一括、分割、リボ払いなどから選ぶことができます。(業者によっては一括のみの対応の場合もあり)
一括払い以外の支払い方法を選択した場合、手数料や利子がかかるので二重金利になり、支払い額が増加してしまいます。
しかし、一括ではどうしても返済が厳しそう…という状況ならば、分割やリボ払いを選んで無理のない返済計画を立てましょう。
くれぐれも、現金化の返済を現金化をして返済するということがないようにお気をつけください!

③クレジットカードの利用停止

使用不能なクレジットカード

ショッピング枠現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約では禁止されている行為です。
そのため、もしもショッピング枠を現金化していることがカード会社にわかってしまったら、クレジットカードは利用停止にされてしまいます。
さらに、新規でクレジットカードを作れなくなってしまったり、ローンが組めなくなる可能性もあります。

④自己破産ができない

自己破産が出来ない可能性

借金が膨れ上がり「もう返済ができない!」という窮地に追い込まれた時、頭をよぎるのが自己破産ですよね。
実は、ショッピング枠現金化を利用したことが判明すると自己破産が出来なくなる可能性が高いです!
ショッピング枠現金化は、破産法第252条第1項に記されている「自己破産が認められない行為(信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと)」に該当しているためです。
返済が可能な範囲で利用しないと、取り返しのつかないことになってしまいます。

⑤業者の優劣が激しい

優良業者を見極める

消費者金融などは貸金業資格を持った業者が運営しているのに対し、ショッピング枠現金化の業者は貸金業資格は必要ありません。
そのため、業者の質にバラつきがあり、悪質な業者も潜んでいます。
契約内容より少ない金額しか振り込まれなかった」、「個人情報を漏洩された」など、取り返しのつかないトラブルになることも…
ショッピング枠現金化を利用する際は、利用者が正しい知識と情報を持ち、業者をよく見極める必要があります。

リスクを必ず知っておきましょう

ショッピング枠現金化は誰でも簡単に利用でき、スピーディーに現金を手に入れることができる魅力的なメリットがある一方で、恐ろしい落とし穴も存在していました。

知らず知らずのうちに借金が膨らんで、気付いたら手遅れになってしまった利用者は本当にたくさんにいるんです!
くれぐれも軽い気持ちで手を出さないようにしてくださいね!