ページ上へ

ショッピング枠現金化|換金率アップのための交渉のコツとは?

ショッピング枠現金化を利用するなら、できるだけ高い換金率で取引したいですよね?交渉すれば換金率は変わるのか、どのような交渉をすれば良いのかなど、知らないと損する情報を詳しく解説いたします。

換金率アップの交渉は可能?

換金率を上げて欲しいけどどうすれば?

現金を素早く手に入れる手段として有名なショッピング枠現金化。
利用を検討している人は、お金に困っている状況なだけに、できる限り高い換金率で対応してくれる業者を見つけたいすよね?
業者の比較は必要不可欠ですが、意外と見落としがちなのが換金率の交渉です!
とは言っても、どうやったら良いかわからない掛け合ったことがあるが失敗したなど、コツを知らない人も多いはず。
そこでこちらのページでは、ショッピング枠現金化を利用する際に必ず役立つ「換金率アップ術」について解説していきたいと思います。

換金率の交渉をした方が良い理由とは?

換金率の交渉ってした方が良い?

ショッピング枠現金化を利用する人のほとんどは“お金に困っている”かつ“急いでいて時間がない”という状況でしょう。
そのため、「いちいち交渉してる時間なんて無いよ!」と思うかもしれませんが、それは大きな間違いです!
換金率の交渉をした方が良い理由を3つご紹介します。

①ホームページの換金率はあてにならない

ショッピング枠現金化業者のホームページを見ると、ほとんどの業者が「換金率最大98%」などと高い換金率を大々的にアピールしています。
しかし、実際に換金率95%で取引できるのは利用額が100万円以上などの高額利用の場合です。
一般的に利用者が多い10万円ほどの利用額なら、換金率は80%台かひどい場合は70%台になることも珍しくありません。
損をしないため・騙されないため」に、交渉をすることはとても重要なのです。

②業者側は数%の交渉幅を持っている

換金率交渉を行った方が良い最大の理由は、ズバリ“交渉次第で換金率が上がるから”です!
もちろん、業者や条件によっては交渉に応じてもらえないケースもありますが、1~2%アップは多くの業者が対応しています。
上手に交渉することで、数千円の得になるので、交渉する手間を惜しまずに掛け合ってみることを強くおすすめいたします。

③業者や時期によって換金率が変動

ショッピング枠現金化は業者によって換金率が異なることはすでにご存知かと思います。
ということは、ある程度の上限はあるにせよ、決定的な“定価”的なものは無く、少しの“幅”があるということです。
例えば家電量販店ではボーナスや決算の時期に大幅に価格が下がったりしますが、これと同じで、言い換えれば「言い値」であるという事になります。
つまり、利用条件や業者の運営状況によって換金率を多少変更してもらえる可能性があると言えるのです。

換金率交渉のポイントを押さえよう

換金率交渉のポイント

ショッピング枠現金化業者の申し込みフォームを送ると、内容を確認後に電話で連絡がきますので、換金率交渉はその際に行いましょう。
1%でも高い換金率で取引をするには、どのように交渉を進めれば良いのか、ポイントをご紹介いたします。

①他社の換金率を引き合いに出す

換金率の交渉をする際に絶対に必要なのが、この“他社の換金率”を交渉材料にすることです。むやみに「5%あげてもらえませんか?」と言ったところで、何の根拠もない無茶な交渉は取り合ってもらえません。
そこで、幾つかの業者に見積もりを取り、「A社では同額の利用金額で2%高かったのですが」と、具体的な業者名を出して交渉をしてください。
現在、ネット型のショッピング枠現金化業者は多数存在しているだけに、どこの業者も顧客を勝ち取りたいと思っています。
しっかり調べて比較していることをアピールし、できれば御社を利用したいと前向きであることをアピールしてみてください。

②新規の利用は強みになる

ショッピング枠現金化業者は新規の顧客獲得に必死です。
そのため、初めて利用する業者を使う際は、“新規であること”を大いにアピールしましょう。
初めてショッピング枠現金化を利用する人はもちろん、“他社からの乗り換えも効果的”です。

③逆にリピーターのアピールも効果的

上記とは逆に、同じ業者を数回利用したことがあるのであれば、それをアピールすることも有効です。
例えば、「これまでに5回程利用していますが、換金率を2%あげてもらうことはできませんか?」といった切り口での交渉で、この際他社への乗り換えも検討していることを匂わせることもポイントです。
業者側は顧客を逃したくないと思い、交渉に応じてくれる可能性が大いに高まります。

④渋られても弱気にならない

換金率の交渉をしても、あまり良い反応が返ってこないこともあります。
その場合は弱気になって業者の言うがまま条件を飲んでしまっては相手の思ツボです。
他社とも比較したいので、またご相談します」と言って、一度電話を切っても良いでしょう。
真剣に取引を検討してくれる業者なら、ギリギリのところまで交渉に応じるはずです。

⑤キャンペーンを上手に活用

ショッピング枠現金化で見逃してはいけないのが、キャンペーンです。
換金率がアップするキャンペーンでよく見かけるものが、「新規利用」「友人紹介」「女性限定」などです。
中には「期間限定で今だけ○%アップ」などのかなりお得なキャンペーンが行われていることもあるので、キャンペーン情報は必ずチェックしましょう。

換金率アップ交渉は基本中の基本!

少しの交渉で換金率が数%上がるなら、絶対にやった方が良いですね。交渉の前に、数社に問い合わせをして実際の換金率を計算してもらいましょう。

できれば3社は比較したいですね。問い合わせの対応が悪い業者は、優良業社とは言えないのでその時点で避けた方がいいです!