ページ上へ

メリット・注意点を徹底解説!ショッピング枠現金化はどう変わる?

ショッピング枠現金化を申し込んだら、できるだけ早く入金を確認したいですよね。これまでは平日15時以降や土日祝日の即時振込はできませんでしたが、モアタイムシステムの運用開始で即時振込が実現します。しかし金融機関により条件が異なるので要注意。

モアタイムシステムで現金化が便利に!

皆さんはモアタイムシステムというサービスが運用開始になったことをご存知でしょうか?
これは24時間365日、リアルタイムで金融機関への振込が可能となる即時振込サービスのことです。

当ページでは、知っておいて損が無いモアタイムシステムの基本知識と、ショッピング枠現金化への影響を解説しています。
モアタイムシステムの注意点も掲載していますので、まだよく知らないという人はぜひご確認ください。

モアタイムシステム導入の経緯

銀行に並ぶATM

モアタイムシステムは2018年10月9日から新たに導入された、即時振込が完了するサービスです。
ほぼ全ての民間金融機関では全国銀行データ通信システム、いわゆる「全銀システム」と言うシステムを使用し、日本国内の為替取引をオンライン処理しています。

このシステムにより、銀行や郵便局など金融機関の窓口、ATM、ネットバンキングなどで口座間の振込送金が可能となりました。
しかし全銀システムに接続ができるのは、民間金融機関が営業している日の日中の時間帯のみ。
そのため皆さんもご存知の通り、当日振込が可能なタイムリミットは平日の15時までであり、土日祝日は振込が反映されませんでしたよね。
この不便さを解消するため新たに導入されたのがモアタイムシステムです。

h4モアタイムシステムのメリット ネットで即時振込をし現金を引き出す様子

モアタイムシステムにより、今まで振込が即座に反映されなかった時間帯でもリアルタイムに振込処理が可能になりました。
つまり、24時間365日、振込をして送金が完了します。

モアタイム導入で送金が便利に!

深夜でも週末でも、好きな時に振込着金が可能になり、とても便利になりました。
これまで家賃やローン返済、会社関連の支払いなどの振込手続きのために、急いで15時までにATMに駆けつけていた人も、もうその必要はありませんね。

モアタイムシステムの注意点

パソコンと通帳を見ている女性

リアルタイムな着金を実現した便利なモアタイムシステムですが、注意しなければいけない点もありますので頭に入れておいてください。

①すべての金融機関が対応しているわけではない

例えばみずほ銀行やJAバンクは代表的な非対応機関です。
ご自身が利用している金融機関がモアタイムシステムに対応しているか確認しておきましょう。

②金融機関によって対応時間帯が異なる

金融機関によってシステムへの接続時間が異なるため、リアルタイムで着金が可能な時間帯は予め確認しておいたほうが良いでしょう。
現在では平日も土日も24時間接続している金融機関は約60行ほどです。(2019/8現在)

モアタイムシステム対応機関や接続時間についての最新情報は下記のサイトでご確認いただけますので、気になる方はぜひご覧ください。

全国銀行資金決算ネットワーク
https://www.zengin-net.jp/company/time/

ショッピング枠現金化に与える影響は?

クレジットカードを持ちキーボードを打つ男性の手元

ショッピング枠現金化を利用する人にとって、モアタイムシステムは非常にありがたいサービスと言えるでしょう。
それは、15時以降や土日祝日の契約でも、現金が即時入金されるからです。

申し込みから入金までにタイムラグがあると「本当に入金されるだろうか…」と、どうしても心配になりますよね。
モアタイムシステムによって即時入金が可能な時間帯が増えることで、入金後にすぐさま確認ができ、スムーズかつ確実なやり取りができる機会が増えました。
ただし、現金化業者が利用する金融機関によって対応時間帯が異なる可能性があるので、不安な方は申し込みの際に問い合わせましょう。

ショッピング枠現金化には好都合だった!

銀行の14時〜15時っていつも混んでますよね。特に金曜日や月末などはかなり並ぶイメージがあります。
しかしモアタイムシステムの導入で、混雑が少しは軽減されたかもしれませんね!

ショッピング枠現金化においてモアタイムシステムの開始はかなり大きなメリットと言えるでしょう。
これにより営業時間を延ばしたり、土日祝日の営業を行う現金化業者が増えるかもしれません。
しかし、24時間365日即時振込をしてもらえると安心するのは危険です。
急ぎの場合はいつ頃入金になるのかを必ず確認してから申し込みをしてください。