ページ上へ

ショッピング枠現金化はネット型が主流!その理由を詳しく解説

ショッピング枠現金化は、ネット型と店舗型がありますが、現在はほぼネット型が利用されています。その理由はなぜなのか、ネット型の特徴を解説いたします。ネット型を利用する際の懸念点についても調査しました。

ショッピング枠現金化はネット型が主流

インターネットでショッピング枠現金化

ショッピング枠現金化は、カードキャッシングや消費者金融からの借り入れと肩を並べるほど近年利用者が増加している資金調達方法となっています。
利用者が増えた背景には、店舗へ来店する「店舗型」のスタイルから、インターネットでアクセスできる「ネット型」が流行したことが挙げられます。
そこでこちらのページでは、ショッピング枠現金化において「ネット型が主流になった理由」について解説していきたいと思います。
また、ネット型を利用する際の不安事項についても併せてご紹介いたしますので、ご利用前に必ず確認しておきましょう。

店舗型からネット型の時代へ

1980年代頃店舗型のクレジットカード現金化が登場

ショッピング枠現金化が登場したのは1980年代頃です。
当時は店舗を構えて営業し、利用者が来店して取引をしていました。これが所謂「店舗型」です。

しかし、徐々にインターネットが普及するにつれて、ネット上にサイトを設けて運営するショッピング枠現金化業者が急増します。
サイト上で取引を行える形式を所謂「ネット型」と呼び、店舗へ足を運ぶ必要がなく、携帯電話やパソコンを持っている人なら誰でも利用できるようになった事で、瞬く間に広がっていきました。
ショッピング枠現金化業者は、ネット型の営業形態にすることで店舗の家賃代や人件費を大幅に削減できるようになり、店舗型業者に比べて様々な利点を生み出しました。
このような事情もあり、全国の大都市圏では店舗型の現金化業者は激減していますが、地方ではまだまだ店舗型が根強く支持されているという傾向も見られます。

ネット型と店舗型のメリットとデメリット

インターネットの普及によって拡大したネット型の現金化スタイルは、なぜこれほど支持されるようになったのでしょうか?
まずは、ネット型と店舗型のメリットとデメリットを比較して考えてみましょう。

このように、ネット型が店舗型を淘汰して主流になった最大の理由は、やはり“便利である”という点です。
急に現金が必要になってしまった人や、忙しい人、身近に店舗が無い人でも、スマホさえあればすぐに利用することが可能という事で、非常に高い利便性を有しています。

ネット型 店舗型
メリット 24時間365日利用可能
来店不要でどこにいてもアクセスできる
店舗型が少ないエリアの人でも利用できる
女性でも利用しやすい
対面で確認できるので安心度が高い
ネットが使えない人でも利用できる
デメリット 顔が見えない分、業者選びを慎重に行う必要がある 来店しなければならない
知人に目撃される可能性がある
店舗の営業時間が決まっている

ネット型利用時の不安点

ネット型現金化は不安…

ネット上で取引が完結するネット型のショッピング枠現金化ですが、ネットだからこその懸念事項も存在します。
実際に利用した人やこれから利用する人が抱く“ネット型業者に抱く不安要素”についてアンケートを取った所、以下の結果となりました。

【不安要素①】本当に振り込まれる?

店舗型なら対面で直接顔を合わせてやり取りができますが、ネット型は本当に存在する業者なのかも分かりません。
クレジットカード決済をしたものの、現金がちゃんと振り込まれないこともあるのでは?と思う人も多いようです。

悪徳業者が蔓延する昨今、確かに有りえるトラブルですね。
しかし、ほとんどの場合、電話で取引の内容及び意思確認を行った上で取引を進めるため、架空の決済をされてしまうという恐れはまずありません。
また、電話で直接相手業者の存在や接客態度を確認することが可能であるため、「おかしい」と思ったら引き返す事ができます。

また、ショッピング枠現金化業者側からすると、振込を行わない事により警察やクレジットカード会社へ通報されてしまうと事業を続けられなくなってしまう恐れがあるので、詐欺を企む業者はほぼいないのが現状です。
このような手間の掛かる詐欺を行うよりも、しっかりとした営業対応をしてリピーターを増やした方が業者側には得になるのです。

【不安要素②】個人情報の流出

見知らぬネットサイトに個人情報やクレジットカード情報を登録することに抵抗がある人もいるでしょう。
その情報が流出してしまったり、闇組織に売られるなどして悪用されては困りますよね。

実際には、ネット型だから心配という問題ではなく、悪徳な業者かどうかを見極めて利用しない限りネット型でも店舗型でも個人情報流出の危険性はあります。
優良なショッピング枠現金化業者は、サイト上に個人情報の取り扱いに関する注意書きを掲載しているので、業者選びの際に確認すると良いでしょう。
また、万一不必要な情報を求めるショッピング枠現金化業者がいましたら、その業者は利用を避けるようにして下さい。

【不安要素③】身バレ、家族バレの危険

ショッピング枠現金化を利用したい人の中には、例えば「銀行員とバレたくない…」といった“身バレ”や、「夫または妻にバレずに現金が欲しい」といったような“家族バレ”をしたくないという人が多いです。

店舗型を利用する場合は、お店に入っていく姿を知り合いや家族に目撃されてバレてしまった!という事も想定できますが、ネット型の場合はこのようなリスクを低減させることが可能です。
現金化業者から明細などが届くことはなく、クレジットカードの明細に載るだけですし、一見普通の買い物にしか見えません。
購入した商品が届く際も、ネットショップで買い物をしたかのように送られてくるので家族に察知されることはまずないでしょう。

ネット社会が生んだ現金化スタイル

実店舗を運営しなくて良いネット型の現金化業は運営資金が少なくて済むため、業者側からすると昔よりも簡単に参入でき、現状ではかなり多くのショッピング枠現金化サイトが存在しています。
つまり、質の悪い業者が混ざっている可能性もあり、たくさんの業者の中から安全な業者を見極めなければなりません。
また、便利なネット型の現金化の普及で利用者も急増した分、使い方を誤って転落していく人たちも増えています。
便利だからといって安易に利用してトラブルにならないように、知識と情報を身に付けておきましょう。