ページ上へ

ショッピング枠現金化の業界知識ー審査が緩いクレジットカード情報

ショッピング枠現金化に欠かせないクレジットカード。新規契約をする時に審査に通るか心配な人のために、審査が緩いクレジットカードを調査しました。申し込む際に気をつけたほうが良い点も掲載しています。

クレジットカードの審査が緩い会社はどこ?

クレジットカード審査が緩い会社?

ショッピング枠現金化の必須アイテムとも言えるクレジットカード。
クレジットカードを新規で申し込む際に必ず通る道が“審査”です。
クレジットカードを持っていない人や、クレジットカードを増やしたいと思っている人の中には、「審査に通るか心配…」と懸念している人も多いのではないでしょうか。
そこで当ページでは審査が緩くて作りやすいクレジットカード会社を調査してご紹介いたします。
審査に通りやすくするポイントなどもありますので、申し込む前にぜひご参考にしてください。

審査が緩いクレジットカード3社

審査が緩いクレジットカード

クレジットカードの審査は、カード会社によって異なります。
銀行が発行しているカードは最もハードルが高く、信販会社が発行しているカードはやや難易度が下がるものの、場合によっては落とされてしまうこともあります。
比較的審査が甘く作りやすいと言われているのは商業施設やコンビニなどの流通系とジャンル分けされているカードや、消費者金融が発行しているカードです。
それでは審査が緩く通りやすいおすすめのクレジットカードを3社に絞ってご紹介していきます。

楽天カード
楽天カード

初心者向けの作りやすいクレジットカードとして有名なのが楽天カードです。
入会資格は「高校生を除く18歳以上の方」という簡単なもの。
アルバイトやパート、収入がない主婦でも申し込みが可能 と記載されています。

学生の初めてのクレジットカードとしても人気があります。
年会費が永久無料な点や、常に入会キャンペーンが開催されていて5,000円相当のポイントがもらえるなどお得に入会したい人におすすめです。
Webで申し込みが可能ですが、実際のカードが手元に届くまでに1週間〜10日ほどかかります。

発行元 楽天
入会金 無料
年会費 永久無料
最短発行 1週間
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard、American Express
申込資格 高校生を除く18歳以上、(主婦、アルバイト、パート可)
エポスカード
エポスカード

丸井グループが発行しているエポスカードは、丸井での買い物でポイント貯まるため、若者層に人気があるクレジットカードです。
全国に1万以上のショップや施設で割引や優待が受けられます。
年会費は永久無料で、日本国内在住の高校生を除く満18歳以上の人なら申し込みができます。
未成年の場合は親権者の了承確認が必要になります。
最短で当日の受け取りが可能なカードで、webで申し込みをして、「マルイ店頭でのお受け取り」を選ベばその日のうちに入手することもできます。

発行元 丸井グループ
入会金 無料
年会費 永久無料
最短発行 即日
ポイント還元率 0.5%〜1.25%
国際ブランド VISA
申込資格 18歳以上
未成年は親権者の同意が必要
イオンカード
イオンカード

イオンが発行していイオンカードは、イオン系商業施設での買い物でポイントが貯まりやすいことから主婦に人気があるクレジットカードです。
収入がない主婦でも審査に通りやすいとされています。
クレジット機能が付いた仮カードなら、即日手に入れることができます。
webで申し込みをして、最短30分の審査の後、店頭で仮カードを受け取ることが可能で、本カードは後日自宅に届きます。
早くクレジットカードを作りたい人にはおすすめですが、仮カードはイオン系列のショップでしか使用ができません。

発行元 イオン
入会金 無料
年会費 永久無料
最短発行 仮カード即日
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
申込資格 高校生を除く18歳以上

銀行系のクレジットカードは審査が厳しい傾向にあるので要注意です。
クレジットカードの審査に通るか心配な人は、審査が緩いカードから優先して申し込むようにしてみてください。
上記の3社は入会金や年会費が無料なので、持っていて損がないカードです。
しかし、同時に複数社に申し込みをするのはNGです!
確実に審査を通るために、頭に入れておきたい豆知識を次の項目でご紹介いたします。

審査に通りやすくするためのポイント

審査に通りやすくするためには

クレジットカードの審査に不安がある人は、少しでも通りやすくなる裏技があれば実践したいですよね。
実は、申し込みをする際に知っておいたほうが良いポイントが存在します。
ここでは4つのポイントをご紹介いたします。

①キャッシング枠を付けない

クレジットカードを申し込む時に、キャッシング枠を自分で設定することができます。
キャッシング機能を付けると簡単にお金を借りることができるため、その分審査が厳しくなり、確認事項も増えるため審査の時間が長くなる可能性が高くなります。
とにかくクレジットカードを作りたい人や、審査に落ちたくない人、早く作りたい人は、キャッシング枠を0円に設定して申し込みをしましょう。

②一度に複数のカードに申し込まない

クレジットカードを早く作りたい人がやりがちなミスの一つが、一度に何社ものクレジットカードに申し込みをすることです。
これをしてしまうと、“申し込みブラック”と呼ばれる状態になり、申し込みをした情報が記録されて審査に通りにくくなる傾向があります。
そのため、審査に落ちた記録をたくさん積み重ねないためにも、審査に通りやすいクレジットカードを厳選して受けるようにしましょう。

③審査に落ちたら期間を空けて再挑戦

一度審査に落ちると、審査に通るまで様々なクレジットカード会社に申し込みをしようとする人がいますが、これは逆効果です。
新規の申し込みをしたことや審査に落ちた記録も信用情報期間に残るので、数打ち当たれと申し込みをしても審査に通りにくくなってしまいます。
できれば半年間は時間を空けて、次の申し込みをするようにしてください。

④自分の信用情報を確認してみる

クレジットカードの申し込み審査で必ず照会されるのが信用情報です。
いくら審査が通りやすいと言われているカードでも、信用情報の内容によっては残念ながら審査に通ることが極めて難しい人もいます。
今までに金融事故を起こしている人や、返済日に滞納を続けている人、複数の借入がある人などは要注意です。
審査に落ちた記録を無闇に残さないためにも、申し込む前に自分の信用情報を確認してみるのも良いでしょう。

クレジットカード会社は、会員数を増やしたいと思っているのはもちろんですが、返済能力に不安がある人やお金に困っている人は審査をして落とさざるを得ません。
そのため、信用情報で目立つような金融事故や延滞を繰り返している場合、どうしても審査に通りにくくなってしまうんです…
しかし、通るか落ちるかギリギリの人の場合、上記のようなことに注意して申し込みをしてみる価値はあります。

不安な人は審査が緩いカード会社へ

クレジットカードの審査に落ちそうで心配な人は、まずは審査が通りやすいと言われている上記のカードから申し込みをしてみましょう。
審査に通ったカードで返済日にしっかり支払いをするなど、好印象なクレジットヒストリーを作っておけば、ゆくゆくは次のクレジッドカードを申し込む際に有利になります。
どうしても審査に通らないとお悩みの人は、闇雲に申し込みを続けるのではなく、一度自分の信用情報を確認してみてください。