ページ上へ

カード規約で禁止されているショッピング枠現金化ー発覚したらどうなる?

ショッピング枠現金化はカード規約で禁止されているため、バレてしまったらペナルティを受けることになります。利用停止や強制解約を始め、最悪の場合逮捕をされることもあるのでしょうか?詳しく調査してまとめました。

ショッピング枠現金化は規約違反

クレジットカード規約について

ショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる現金調達方法である事は繰り返しお伝えしてきました。
法律には違反しないもののクレジットカード会社の利用規約では禁止されている所謂「グレーゾーン」である事は否定できません。
そこで今回は、万が一クレジットカード会社にバレてしまったらどうなるのか利用規約の強制力はどのようなものなのかなどを詳しく解説していきたいと思います。
ショッピング枠現金化を利用する前に知りたい人や、すでにショッピング枠現金化を利用してバレるのではないかと心配になっている人はぜひ参考にしてください。

なぜ規約で禁止されているのか?

バツを作るクレジットカード会社職員

ショッピング枠現金化は法律で規制されているわけではありませんので、利用者が逮捕されるという心配は無く、これまでに逮捕されたという事例もありません。
しかし、クレジットカード会社の利用規約や会員規約ではショッピング枠現金化を行うことを禁止しています。
禁止する最大の理由として“ショッピング枠現金化を行ったことで利用者が返済ができなくなるとクレジットカード会社側が損害を被る”という点が挙げられます。
ショッピング枠現金化業者が手数料等で利益を出す一方で、債務不履行のリスクをクレジットカード会社側だけが負う事に懸念を示しているのです。

クレジットカード会社はショッピング枠現金化を禁止しています。
日本クレジット協会や三井住友カードなどの公式サイトではショッピング枠現金化を禁止する内容のページも設けられています。

三井住友カード公式サイト
https://www.smbc-card.com/mem/goriyo/shopwaku.jsp

クレジットカード会社側にしてみればショッピング枠現金化はリスクでしかありませんのでできるだけ利用されたくない行為なのです。

もしもバレてしまったら?

逮捕される男性

前述した通りショッピング枠現金化は規約上禁止されている行為ですので、万が一、ショッピング枠現金化をしたことがクレジットカード会社に見つかってしまった場合、どのようなペナルティを受けることになるのか知っておきたいですよね。
結論から申し上げますと、クレジットカードの利用規約はあくまでも“ガイドライン”に過ぎませんので、逮捕される心配はありません。
しかし、カード利用停止や退会・解約を余儀なくされることは間違いありませんし、その後クレジットカードの新規契約が困難になることもあります。
つまり、クレジットカード会社側にバレてしまった場合、

クレジットカードの利用停止や退会処分
新規でクレジットカードが作れない

といった不利益を被る可能性が考えられます。
なお、信用情報にはショッピング枠現金化に関する記載はなされませんが退会した事実に関しては記載されてしまいますので、審査の際に怪しまれてしまう可能性もあります。

ショッピング枠現金化業者を使わずに、家電やブランド品、ギフト券などの独自で購入して転売することでショッピング枠現金化を行う人もいます。
この方法はカード利用明細で購入商品が一目瞭然なので、ショッピング枠現金化をしているのではないかと怪しまれるリスクが高くなります。
ショッピング枠現金化業者を通すと上手くカモフラージュできるという利点があります。

バレる可能性は限りなく低い

ショッピング枠現金化は返済の未払いなどのリスクが問題視されていることから、どのクレジットカード会社も禁止している行為です。
バレてしまった場合はカード利用停止や解約などのペナルティを受けなければいけません。
しかし、ショッピング枠現金化業者は決済代行会社を使いカード決済加盟店契約をしているため、クレジットカード会社からは通常の買い物をしたようにしか見えず、ショッピング枠現金化をしていることがバレてしまうことはかなり低い確率です。
また、ショッピング枠現金化を利用する際は、返済ができる範囲で計画的に利用さえすればクレジットカード会社に迷惑がかかることはありません。
リスクをしっかりと把握しつつ、計画的かつ上手に利用する事が大切です。