ページ上へ

ショッピング枠現金化の豆知識|キャッシング枠とショッピング枠について

ショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用しますが、ショッピング枠とキャシング枠の違いや関係性をご存知ですか?クレジットカードの基本知識として間違えやすいポイントを詳しく説明します。

キャッシング枠・ショッピング枠とは?

クレジットカードについてもっと知る

クレジットカードは私たちの生活に密着した便利な決済ツールで、たくさんの人が利用しています。
しかしながら、意外にも特徴を詳しく知らずに使っている人が多いです。
例えば、キャッシング枠とショッピング枠の違いをご存知でしょうか?

両者の違いを知らずにクレジットカードを使っていると、予期せぬタイミングで限度額がいっぱいになってしまうかもしれません。
当ページでは、キャッシング枠とショッピング枠について詳しく解説していきますので、正しい知識を持って計画的にクレジットカードを利用しましょう。

両者の違いと特徴

クレジットカードを持っている人なら誰でも聞いたことがある言葉だと思いますが、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。
まずはそれぞれの特徴について見ていきましょう。

ショッピング枠とは
クレジットカードでショッピングする女性

クレジットカードの最も一般的な利用方法は、クレジットカードでの買い物ですよね。
ショッピング枠とは、文字通りクレジットカードで買い物をすることができる金額の範囲(限度額)のことです。
限度額は契約者の利用状況などによって異なり、30万〜100万円など人によって様々です。
ショッピング枠の限度額の範囲内でしたらいくらでも買い物をすることができますが、限度額を越えてしまうと一時的に利用停止になってしまいます。

キャッシング枠とは
キャッシングする男性

キャッシングはクレジットカードでお金を借りることをいい、キャッシング枠とはクレジットカードでキャッシング(お金を借りること)ができる限度額のことです。
ここで多くの人が間違って認識しているポイントが、ショッピング枠とキャッシング枠は別々に設けられているわけではなくショッピング枠の中にキャッシング枠が設定されています。

例:ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円の場合

このようにショッピング枠内にキャッシング枠が存在しています。
つまり、上記の例で言いますと買い物に50万円を使ってしまうとその後はキャッシングが出来なくなり、40万円使うとキャシングは10万円まで、20万円のキャッシングをしたらショッピングは30万円まで、といった形で両者合わせて50万円までしかできないのです。

意外と知らない人が多いのが、キャッシング枠がショッピング枠の中に入っているということです。
これを知らずにクレジットカードを使っているとキャッシングをしなければならなくなった時に限度額がいっぱいでキャッシングができなかった!ということにもなりかねませんよね。
クレジットカードの基礎知識として、ぜひ頭に入れておいてください。
また、キャッシング枠は自分で限度額を引き下げることができ、カード会社が20万円と設定してきても10万円や5万円に変更することが可能です。

キャッシング枠の注意点

注意喚起をする男性

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠とは異なり、貸金業法に基づき総量規制の対象になります。
総量規制とは、年収の3分の1を越える額の貸付を禁止する規制のことで、例えば、年収300万円の人は100万円までしか借入が認められておらず、借入額が100万円に達した時点で新たにお金を借りることができなくなってしまいます。
キャッシングをするには所得証明書の提示が必要になり、審査に通らなければお金を借りることができません。

総量規制は多重債務者を増やさないための規制ですが、総量規制があることで借入額がいっぱいでキャッシングができず困ってしまったという話はよく聞きます。
このような時の裏技として、キャッシングができなくてもショッピング枠にまだ空きがあればショッピング枠現金化を利用して現金を工面する事が可能です。
窮地に陥ってしまった時の回避策として覚えておいても良いかもしれません。

キャッシングはより審査が厳しい

クレジットカードのショッピング枠とキャシング枠の特徴や違いについて解説してまいりました。
キャッシング枠はショッピング枠の中にある”という事と、“キャッシングは総量規制の対象になるため別途必要書類及び審査が必要”という点は是非覚えておいてください。

どうしても現金を用意しなければならないが審査が通らない…
所得証明書等の「必要書類」が用意出来ない…

といった状況であれば、ショッピング枠現金化で切り抜けるのも一つの手です。