ページ上へ

ショッピング枠現金化の男女の利用比率とは?利用目的の特徴も調査

ショッピング枠現金化は男性だけでなく女性の利用者も増えています。その理由はネット型が普及したことが大きな要因です。そこでこのページでは利用者の男女比や、男女別の利用目的の例を調査してまとめました。

利用者は男性?女性?

様々な人に利用されるショッピング枠現金化

ショッピング枠現金化はキャッシングや消費者金融が利用できなくなった人が利用するというイメージがありましたが、ネット型が充実し利用しやすくなったためにか、敷居が下がり様々な人が利用するようになりました。
今回注目したのは利用者の男女比です。
「お金を借りる」イコール「男性が多い」と思うかもしれませんが、女性の利用者も意外に多いんです。
そこでこちらのページでは、ショッピング枠現金化を利用する人の男女比について調査しました。男女別の利用目的の違いにも注目です。

利用者の男女比を調査結果

現金化について疑問を持つ男女

ショッピング枠現金化を利用する人の男女比はどのくらいだと思いますか?
調査をした結果、男性が7割女性が3割ということがわかりました。
男性の方が多いイメージがありましたが、女性が30%もいることに驚いた方もいるのではないでしょうか。
女性の利用者が増え始めた要因は、インターネットが普及してスマホで簡単にショッピング枠現金化業者のサイトへアクセスしたり情報収集ができるようになったことが関係しています。
店舗型の場合、女性が一人で現金化業者を訪れるのはとても勇気がいりますが、ネット上で取引が完結するネット型を利用すればそのような不安はいりません。

また、女性は普段から買い物をする際にクレジットカードを使う人が多く、百貨店やマルイ、ルミネなどのよく買い物をする商業施設のクレジットカードを所持していることが多いんです。
そのため、ショッピング枠現金化はいつも通りにクレジットカードで決済をするだけというわかりやすい仕組みになっているため、難しい金利計算が必要なキャッシングよりも利用しやすいようです。

男女で異なる利用目的

男性の現金化利用目的と女性の現金化利用目的

ショッピング枠現金化を利用する目的は男女でどのような違いがあるのでしょうか?
男性と女性の利用目的の例を挙げてみます。

男性の利用目的例

ギャンブル資金
借金返済
事業資金
示談金、和解金、養育費
信用情報に傷をつけたくない

女性の利用目的例

エステや美容医療のローン返済
家庭の生活費、介護費、医療費
夫や家族に内緒でお金を借りたい
収入がなくても現金を用意したい

男性の利用目的はギャンブルや借金返済を始め、まとまった額が必要になる用件が多いようです。
また、銀行員や公務員など借金がバレたくない人や、ローン審査を控えている人なども利用しています。
一方女性の場合、エステや脱毛などのローン返済、家族の生活に関わる費用などが挙げられます。
ショッピング枠現金化は審査がないので、収入がない人でも現金調達が可能なため、主婦の利用も多いです。

女性利用者も年々増加している

昔は男性の利用者の方が圧倒的に多かったのに、今は女性が3割もいます。
ネット型が広がって誰でも利用しやすくなった事が大きいですね。

これまでキャッシングや消費者金融を利用することに抵抗があった女性でも、ショッピング枠現金化はクレジットカードが1枚あれば簡単に利用できてしまいます。
女性の強い味方になるのは嬉しいですが、利用額や利用頻度には十分気をつけてください!