ページ上へ

ショッピング枠現金化の歴史は何年?カードでお金の始まりを調査

ショッピング枠現金化は「カードでお金」と宣伝されてきましたが、一体いつ頃からあるのでしょうか?ショッピング枠現金化の歴史と共に、クレジットカードの歴史や時代背景などを織り交ぜて解説していきます。

「カードでお金」はいつからあるの?

現金化の歴史を見てみる

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を入手することができるショッピング枠現金化は、「カードでお金」というキャッチフレーズで利用者の間で親しまれてきました。
そんなショッピング枠現金化はいつから始まったのでしょうか?
こちらのページでは「カードでお金」の歴史について調べた結果をご紹介しています。

クレジットカードの歴史

クレジットカードはアメリカから始まった

ショッピング枠現金化の鍵となるのは、なんと言ってもクレジットカードですよね。
クレジットカードの始まりは、19世紀後半から類似のサービスが利用されていましたが、1950年にアメリカで最初のクレジットカード会社ダイナースクラブが設立されたことが大きなきっかけとなっています。
その後アメリカン・エキスプレス、VISAやマスターカードの前身となる会社が続々と誕生し、1960年に日本ダイナースクラブが創設された事で、日本でもクレジットカードが一般的に利用されるようになりました。
なお、それまでのクレジットカードは紙製や金属製でしたが、プラスチック製を採用したのは日本が初めてです。

ショッピング枠現金化の始期は?

クレジットカード現金化はいつから?

クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を手に入れるショッピング枠現金化を行う業者が現れたのは1980年代であり、ショッピング枠現金化業者は街に店舗を構えて営業し、利用者が来店して取引をする店舗型の営業形態がほとんどでした。
電柱の張り紙やステカン(捨て看板)、ティッシュ配り等が広告宣伝の一般的な方法であり、現在のネットを使ったものとは大きく異なります。
また、「カードでお金」を始め、「クレジットカード現金化」や「ショッピング枠現金化」も業者が作った造語で、利用者がイメージしやすい謳い文句で広告宣伝されたのがきっかけです。
当時の日本はバブル真っ只中で、クレジットカードを簡単に作ることができ、所有者数が多かったので、高金利な消費者金融や審査が厳い銀行系カードローンが利用できない人たちから絶大の支持を受け今日に至った歴史があります。

消費者金融は金利が高いし審査も面倒、銀行系カードローンは審査が通らないでも現金が必要!そんな人々を取り込んだのがクレジットカードのショッピング枠をお金に変える方法「ショッピング枠現金化」です。本当によく考えられた仕組みで、難しい金利計算も不要でわかりやすく、これまでの借金の手段とは全く異なるノウハウで現金を手にできると話題になりました。

インターネットが与えた影響

インターネットと現金化

その後1990年~2000年にかけて、インターネットが急速に普及し始めます。
家庭用パソコンや携帯電話で誰もがインターネットを手軽に利用できるようになったことで、ショッピング枠現金化業界にも大きな影響を与えます。
それまで店舗型で営業していたショッピング枠現金化業者は、インターネットを使いwebサイト上で現金化の取引ができるネット型へと軒並み切り替えていきました。

これが現在のショッピング枠現金化のスタイルで、今では100を超える現金化サイトが存在しています。
ネット型は店舗へ足を運ぶ必要がない上に24時間365日どこにいてもアクセスすることができるため、その利便性の高さから利用者の数をどんどん伸ばしています。
業者の広告宣伝の手段は、街中での宣伝からネット上での広告宣伝に変化しています。
現金化業者のサイト情報や口コミなどは、ネットで誰でも簡単に検索できるので、初めての利用者や女性、地方在住者などにとっては店舗型が主流だった頃よりも身近で便利な存在となっています。

貸金業法の総量規制の実施

多重債務に苦しむ利用者

貸金業法は多重債務者の増加が深刻化したことから2006年に制定された法律です。
消費者金融などの貸金業者に関する取り締まりの強化や、貸金業者からの借入れに関するルールが定められました。
さらに、その4年後の2010年6月18日に貸金業法の中で新たに総量規制という制限が追加されます。
これは借金の残高が年収の3分の1以上あると、新たに借入ができないという規制です。
さらに、借入の際に年収を証明する書類が必要になりました。
これにより、消費者金融で借入をすることができなくなった人は、審査が必要ないショッピング枠現金化に流れてくることも多くなっています。

2000年頃は多重債務者の急増が深刻な社会問題になっていました。消費者金融やカードローン、キャッシング、最後は闇金にまで手を出し、破産してしまう人がたくさんいたんです… 貸金業法は、そのような利用者を減らすために生まれた法律ですが、ショッピング枠現金化にはほぼ無関係です。
利用額をしっかり把握しながら使わなければ大変なことになり兼ねないと覚えておいてください。

ショッピング枠現金化は約40年の歴史

1980年代頃に登場したショッピング枠現金化はバブル期にクレジットカードの普及と共に広がり、インターネットの普及で業態を変えた後、貸金業法の制定で利用者が増加する、とったように“様々な時代の流れ”に影響を受けながら、今もなお多くの人から支持を得ている現金調達手法である事が分かりました。
歴史から読み取れる業者選びの際に役立てたいポイントとしては、営業年数が長い老舗は安全性が高く営業が安定している可能性が極めて高いということです。
初めて利用する人や、悪徳業者に引っかかってしまったことがある人は、ぜひ着目ポイントとして頭に入れておいてください。