ページ上へ

簡単そうに見える「自分で現金化」の注意すべきポイント3点を解説

自分で現金化に適している商品はアマゾンギフト券や新幹線の回数券、ブランド品などの安定した需要がある商品です。これらをクレカで購入し買取ショップで転売するわけですが、ショピング枠現金化にはない注意点がありますのでご参考にしてください。

自分で現金化はなぜ危険?

ショッピング枠現金化を現金化業者を通して行うと、以下のデメリットが発生します。
・手数料が差し引かれる
・悪徳業者に引っかかってしまう
このようなリスクやデメリットがあることから、現金化業者を利用することを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。
では、現金化業者を通さずに現金化をすれば、損を最小限に抑えて安全に現金化ができるのでしょうか?
確かに“自分で現金化”であれば業者を利用するデメリットを回避することができますが、これには実は思わぬ落とし穴があります。
当ページでは、手を出す前に必ず知っておきたい自分で現金化の危険性について解説していきます。

自分で現金化とは?

一万円札を手にして喜ぶ主婦

「換金率が良い商品をクレジットカードで購入し、買取業者に売る」という至ってシンプルな方法が、業者を通さずに自分で現金化をする際の代表例です。
つまりクレジットカードで買った商品を転売することで現金を得るという方法で、転売先は大黒屋・中古品買取のお店・金券ショップ・第三者(ヤフオクの落札者)などが挙げられます。
しかし、購入する商品が高値で買い取ってもらえる物でなくては損をしてしまいますので、自分で現金化をするにあたり、まずはどのような物を購入すれば良いのかという点からご紹介していきたいと思います。

①アマゾンギフト券
アマゾンギフト券購入画面

最も手軽なのがアマゾンギフト券のEメールタイプ版を利用した現金化です。
こちらはネット上で手続きが完結するので、店舗へ足を運ぶ必要がなく比較的楽に行えます。
しかし、あまりにも頻繁にアマゾンギフト券を購入しているとカード会社に怪しまれてしまうので要注意です。

②新幹線のチケット
複数の新幹線の乗車券

昔から現金化に用いられる商品として有名なのが新幹線のチケットです。
回数券としてまとめ買いすることで割引も適用されます。
需要が一定数あり金額も高めなので高換金率で買い取ってもらえます。
JRの券売機やみどりの窓口などで購入ができるので、容易に手にすることができる商品です。

③高級ブランド品
高級腕時計と大量の一万円札

高級ブランド品は買取店も多く需要もあるので、自分で現金化に優れています。
しかもデパートに行けばすぐに商品が購入できます。
流行や季節、サイズに左右されないバッグや時計が良いでしょう。
ブランドの中でも、エルメス、ルイ・ヴィトン、シャネル、時計はロレックスやオメガなどが人気が安定していて高額買取が期待できます。

④電化製品
様々なゲーム機

こちらは家電量販店で買える物です。ネットでも安いショップを探して購入することができそうですよね。
テレビやDVDレコーダーなどを始め、プレイステーションやニンテンドーDS、Switchなどのゲーム機本体も非常に需要が高いのでおすすめです。

⑤商品券・金券
商品券がたくさんある様子

こちらは例外として記載しますが、全国百貨店共通商品券やJCBなどのギフト券、ビール券などが該当する商品券・金券の類です。
金券ショップで安定した換金率で買い取ってもらえますが、残念ながらこちらはクレジットカードで購入することができませんので要注意です。

このように、購入する商品はなんでも良いわけではなく、需要があり換金率が高い物を選択する必要があります。
物さえ決まればあとはクレジットカードで購入し、買取ショップに行くだけです。
例えば、ロレックスの腕時計にする場合、デパートに行ってロレックスの腕時計をクレジットカードで購入し、それを買取ショップへ持って行き買い取ってもらい現金を受け取るという流れです。
非常に単純で簡単そうに見えますが、知らないと危険な注意点もあります。

自分で現金化の注意点!

業者を通すのと同じくらいわかりやすく、しかも換金率がよくて安全ならば自分で現金化を行ったほうがいいですよね?
しかし、自分で現金化にも注意しなければならいポイントがあるんです。
ここでは3つの注意点をご紹介します。

クレカが利用停止になる恐れアリ
チェーンでロックされたクレジットカード

最も注意しておかなければならいポイントが、クレジットカードが利用停止にされてしまうという危険性です。
クレジットカード会社の利用規約では、現金化を目的としたクレジットカードの利用は禁止されていますので、カード会社に万が一バレてしまったらカードを利用できなくなる恐れがあります。
カード会社は、顧客のカード利用状況をかなり細かくチェックしているので、換金率が良さそうな高額商品を大量または頻繁に購入すると目をつけられてしまいます。
そのため、使用頻度や購入品は厳選しなければいけません。

こちらは三井住友カードの公式サイトで、現金化行為を禁止する旨が書かれているページですのでご参照ください。

三井住友カードの公式サイト
https://www.smbc-card.com/mem/goriyo/shopwaku.jsp
買取値を調べないと損する危険が
現金を握り後悔している女性

自分で現金化は、現金化業者を介さないので手数料分がお得!と思うかもしれませんが、実はそう甘くはありません。
まず、何を購入すれば高額で買い取ってもらえそうかという物品の選定と、売却する際の買取相場をしっかり調査しておかないといけません。
これを怠ると「思ったより換金率が低かった!」という事態になってしまいます。
そのため、中古品の買取ショップや金券ショップは繁華街なら1駅に何店舗も存在しますので、どこの買取店が最もお得かを調べて回る必要があります。
しっかりとリサーチをしておかないと予想を下回る換金額になってしまうので、面倒でも必ず事前調査を行いましょう。

手間と時間を要し緊急時は不向き
腕時計に指を当てて時間を気にする男性

物を買って売るだけの流れですが、少しでも多くの現金を手にするためにはある程度のリサーチが必要であることがわかりました。
ということは、仕事が忙しい時や急ぎで現金を調達したい時にはかなり面倒に思えますよね。
しかも、小売店や買取ショップの営業時間も気にしなければいけませんので、夜間〜早朝は身動きが取れません。
Eメールタイプのアマゾンギフト券などはネット上で売買が可能ですが、その他の物の場合は緊急時にはお勧め出来ません。

自分で現金化は慎重に!

自分で現金化は、流れはわかりやすくて簡単そうですが、実際に商品を購入して買取ショップへ行くことを考えるちょっと大変そうですよね。
そして購入品や買取相場を自分で調べて考えなければならいので、初心者や急ぎの人には不向きです。
その点、ショッピング枠現金化ならメール1本で見積もりが取れるのでスムーズです。

しかもカード会社に発覚してしまえば退会処分になる可能性も十分にあります。
ショッピング枠現金化業者を利用する場合は、カード会社と加盟店登録をしているため現金化を行ったように見えなかったり、ネットショップで買い物をするだけなので怪しまれるリスクが極めて低いことがメリットと言えるでしょう。