ページ上へ

各現金化業者で内容が異なる申し込みフォームの内容を徹底調査

申し込みフォームは、見積もりを取りたい時や質問がある際など問い合わせをする時にも利用可能です。しかし、問い合わせの段階で住所を入力するのは抵抗がありますよね。そこで住所がバレずに問い合わせができる優良店を厳選して4店ご紹介します。

各社の申し込みフォーム調査

ショッピング枠現金化の業者サイトには、申し込みや問い合わせができるフォームが設置されています。
24時間webから申し込みができるので、非常に便利なシステムです。
申し込みフォームの入力項目は業者によって様々ですが、実際にはどのような情報を入力しなければならないのでしょうか?
当サイトでは、約35社の現金化業者サイトの申し込みフォームの内容について調べました。
現金化初心者の人、極力少ない入力で申し込みをしたい人、住所の入力がしたくない人などはぜひご確認ください。

申し込みフォームの内容とは

申し込みフォームの内容の例

申し込みフォームは、業者によっては「問い合わせフォーム」と呼ばれていることもあります。
入力する項目は業者によって異なります。
どのような情報を入力する必要があるのか調べてました。

入力欄がある可能性が高い項目

ショッピング枠現金化業者の公式サイトを調査した結果、ほとんどの業者のフォームにあった項目が下記のような内容です。

・名前
・電話番号
・連絡希望時間帯
・利用金額
・メールアドレス
・クレジットカードは持っているか?
・クレジットカード名義人
・利用回数
・カード利用残高
・金融業者、融資、貸金ではない事を理解しているか?
・質問、要望

連絡を取る際に役立つ情報入力や、現金化を利用する上で基本の条件を満たしているか確認するための質問内容などが目立ちます。
これらの項目は入力が必須である場合が多いです。

業者によっては設けられている項目

こちらの項目は、業者によってあったりなかったりする項目です。

・住所
・性別
・生年月日
・電話での対応になる旨の了承確認
・女性オペレータを希望するか

住所の入力は、全ての業者に設けられているわけではありませんでしたが、多々見受けられました。
しかも住所欄がある場合、入力をしないと送信ができない“入力必須項目”であることが多いです。
住所の入力は手間がかかる上に、確実に取引をすると決めた時以外は知られたくないですよね。
性別は「女性限定プラン」などを用意している業者にあり、生年月日は年齢確認のためだと思われます。

住所がバレずに問い合わせ可能?

スマホを持ち考える男性

住所の入力が必須という業者は多数存在します。
申し込みをする場合は後々本人確認があるので住所を開示することになりますが、見積もり依頼や問い合わせの段階で住所がバレてしまうのは抵抗がありますよね。
そこで、住所の入力をせずに問い合わせが可能な業者を調べました。
その中で、評価の高い優良店4社のご紹介と、各社の入力必須項目も掲載いたします。
項目数が少なく入力が簡単なので、時間がない人にも好都合です。

①ゼロスタイル
ゼロスタイルの申し込みフォーム内容

・クレジットカードの有無
・クレジットカード名義人
・当社利用回数
・名前
・電話番号
・メールアドレス
・「ご融資、貸金でないことを理解していますか?」
・利用希望金額

②ファストキャッシュ
ファストキャッシュの申し込みフォーム内容

・クレジットカードの有無
・当社利用回数
・名前
・携帯電話番号
・メールアドレス
・「当社が金融業者でない事を理解していますか?」
・利用希望金額

③換金クレジット
換金クレジットの申し込みフォーム内容

・名前
・電話番号
・連絡希望時間帯
・メールアドレス
・クレジットカードの有無
・カードご利用残高
※住所の入力欄もありますが、任意なので入力する必要はありません。

④ギフトクレジット
ギフトクレジットの申し込みフォーム内容

・クレジットカードの有無
・当社利用回数
・名前
・携帯番号
・メールアドレス
・「当社が金融業者でない事を理解していますか?」
・「お電話でのご対応となりますがよろしいでしょうか?」
・利用希望金額

無闇に住所を入力するのは危険!

お問い合わせフォームは業者によって内容に差があることがわかりましたね。
特に注意が必要なのは住所の入力です。
個人情報ですし、住居が特定されてしまいますので手当たり次第に住所入力をすることは避けたほうが良さそうです。
本当に利用したい業者に絞って問い合わせをするか、住所の入力がない業者を選ぶなどで厳選しましょう。

ショッピング枠現金化をするなら、複数の業者で見積もりを取って最も条件が良いところで取引をしたいですよね。
見積もりを取るだけなのに住所や生年月日などの個人情報まで入力しなければならないのは気が引けます。
上でご紹介した4社は、項目がそれほど多くないので入力が簡単で、しかも住所を開示せずに問い合わせができます。
最小の情報入力で安全に業者比較をしたい人は、ぜひ当サイトで調査した優良業者をチェックしてみてください。